アラサー主婦の時々ぼんやりした日々☆

離人症の事や、美容、ダイエット、好きなことなどいろいろ書いていきたいと思います\(^-^)/

パニック発作 腹痛

離人症になるのと同時にパニック発作もおこるよう

になりました。

私のパニック発作の引き金はいつも「腹痛」です。

突然、足元から全身を駆けめぐる強烈な気持ち悪さ

が襲ってきます。

ゾワゾワゾワゾワ!!っとした全身が身震いする程

の気持ち悪さです。

その後、必ず腹痛がします。

トイレへ駆け込みひたすら気持ち悪さと戦い、どう

なるのか、いつまで続くのかの恐怖でパニックです

しばらくすると大抵落ち着いてくるので、横になっ

て気持ちを落ち着けるという感じでした。

この恐怖を一度味わうと、少しでもお腹が痛くなる

と「またなったらどうしよう」とパニックになり

結果過呼吸になって夜間病院に運ばれるという事も

ありました。

そうなるのは必ずと言っていいほど休みの前の日で

多分気が抜けてるからじゃないかという事でした。

ほぼ同時期に離人症の症状も出始めたのでとても辛

かったのを覚えています。

それから病院へいき、薬を飲みだしてからは以前の

ように酷くなることはなくなりましたが、やはり今

でも食べ過ぎたり、油ものを取りすぎたりすると夜

お腹が痛くなりゾワゾワしてくることがあります。

そんなときは、必死に冷静を保ち、「大丈夫、すぐ

収まるから」と自分に言い聞かせています。

呼吸も冷静にゆっくりするように心がけ落ち着くの

を待ちます。

「パニックになったら負け」

と必死で冷静を保ちます。

また、病院でパニックになった時ように安定剤も

処方されているので、薬を飲めば気持ち的にも安心

し症状も早く収まります。

調べてみると、パニック発作が起きたあとに離人症

の症状が出ることがあるそうです。

どっちの症状もとても辛く、まさか普段悩みのなさ

そうだねとよく言われる自分がなるとは夢にも思い

ませんでした。

でもなった以上は付き合っていかなきゃいけません

私なりの対処法と薬の力を借りてこれからも付き合

っていくつもりです。

ちなみに病院の先生から、離人症はおばちゃんにな

れば治るからと言われました。

自分をおばちゃんと認められない私にはまだまだ先

の話のようです(笑)

そんなに長く付き合っていかなきゃいけないのかと

愕然としましたが、現状大分良くなって来てるので

薬を飲まなくても大丈夫になる日が早く来ることを

信じて日々をおくっていこうと思います。