アラサー主婦の時々ぼんやりした日々☆

離人症の事や、美容、ダイエット、好きなことなどいろいろ書いていきたいと思います\(^-^)/

読書は苦手だったけど読み始めたら面白い☆

学生時代は、朝の読書の時間があったので何冊か読んでいましたが

社会人になってすっかり読書から遠ざかっていました。

漫画や雑誌は好きなのでよく読んでいますが、小説はあまり興味がなく

活字を読むのが疲れるので好きではありませんでした。

そんな私ですが、最近読書にはまっている母の影響で小説を読み始めまし

た(^^)/

まず最初に読んだのは、母が面白いと絶賛していた

沼田まほかるの「ユリゴコロ」です。

簡単なあらすじを説明します☆

実家の父の部屋の押し入れに、隠されていた4冊のノートを見つけた主人公。そのノートの名前は「ユリゴコロ」。 それは、「ユリゴコロ」と呼ばれるものを探し求めて殺人を犯していく誰かの生々しい犯行の告白でした。 そのノートを読んだ主人公は書いた「誰か」の秘密に迫っていく

という内容でした。

読書が苦手な私でも、サクサク読むことができて、何より続きが気になり

すぎて一気に読み進めました。

ネタバレになるといけませんのでラストは言いませんが、

思わず「嘘でしょ~!!」と叫んでしまうラストです。

おススメです☆

読書は活字が苦手という方が結構いらっしゃると思います。

私もそうでした。

いきなり単行本や文庫本を手に取るのではなく、今は電子書籍もあります

のでこちらから読んでいくのが個人的にはおススメです。

文庫本よりもはるかに読みやすいと思います。

この年になって読書にはまるとは思いませんでした。

なぜなら映画やドラマなど映像で見るのが大好きだからです。

それぞれに違った楽しみがあるんだなと思いました。

最近は文庫本を本屋さんで選んだりするのがとても楽しい時間となってお

ります。

読書をすると知識も得られるし、集中力もつくし、脳も活性化するようで

す。

いいことづくめですね(#^^#)

ちなみに「ユリゴコロ

映画も見ましたが、小説の内容と違いすぎてがっかりしました( ;∀;)

読まずに見れば面白かったのかもしれません。

母は、「小説のほうが絶対面白いんだから」と言っていましたが、

私はやっぱり映像で感じることも好きなので

これからも読書もして映画も見てとしていこうと思います('ω')

趣味が一つ増えた事が嬉しいです☆

また、小説を読んだらブログで紹介しようと思いますのでお楽しみに☆