アラサー主婦の時々ぼんやりした日々☆

離人症の事や、美容、ダイエット、好きなことなどいろいろ書いていきたいと思います\(^-^)/

聞くと必ず泣ける歌 アンジェラ・アキ 手紙

みなさんは聞くと必ず泣いてしまう歌はありますか('ω')

私は、聞いたり、カラオケで歌ったりすると必ず泣いてしまう歌があります。

それは、

アンジェラ・アキの手紙

という歌です。

歌詞載せてみます。

拝啓 この手紙読んでいるあなたは

どこで何をしているのだろう

十五の僕には誰にも話せない

悩みの種があるのです

未来の自分に宛てて書く手紙なら

きっと素直に打ち明けられるだろう

今 負けそうで 泣きそうで

消えてしまいそうな僕は

誰の言葉を信じ歩けばいいの?

ひとつしかないこの胸が

何度もばらばらに割れて

苦しい中で今を生きている

今を生きている

拝啓 ありがとう

十五のあなたに

伝えたい事があるのです

自分とは何でどこへ向かうべきか

問い続ければ見えてくる

荒れた青春の海は厳しいけれど

明日の岸辺へと 夢の舟よ進め

今 負けないで 泣かないで

消えてしまいそうな時は

自分の声を信じ歩けばいいの

大人の僕も傷ついて

眠れない夜はあるけど

苦くて甘い今を生きている

人生の全てに意味があるから

恐れずにあなたの夢を育てて

Keep on believing Keep on believing Keep on…

もう最初の「十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです」というところから泣けます。

私は息子がいますので、この子が十五になって、思春期になって

きっと私には話せない、いろんな悩みを抱え苦しい思いをするのかな・・・

と想像してしまい泣けてきてしまいます( ;∀;)

もちろん、自分の中学生のころを思い出し、いろんな悩みがあったなと

誰にも話せなくて辛いこともあったし、誰も信じられなくなったりしたなと

自分にも重ね合わせてさらに泣けます(笑)

2番の歌詞もすばらしいですね(*´Д`)

未来の自分から十五の自分へのメッセージで

「大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど 苦くて甘い今を生きている」

というところが、また泣けます・・・

大人になっても、悩みは尽きませんよね。

でも、十五のころよりは心も体も成長して、自分で解決したり、あきらめたり、納得したりするんですよね。

いや~素晴らしい歌です。

思春期の子ども達に聞いてほしい歌です。

有名な歌ですので、聞いたことがある方もたくさんいらっしゃると思いますが

ぜひ聞いてみてください(#^^#)

やっぱりノーメイクが一番肌にいい

先日息子がインフルエンザにかかったことを記事にしましたが・・・

見事に娘にも感染しました( ;∀;)

幸い、娘はとても症状が軽く済み、熱も一日で下がりすっかり元気です(^^♪

そして旦那と私はかかる気配がございません♪

被害が最小限にすんで何よりでした(^^)/

子ども達が連続でインフルエンザにかかり、仕事を1週間以上休んでいる私ですが

この1週間、ノーメイクで過ごしていました。

さすがに外に出るときはマスクをしていましたが(笑)

そして、今日の夜、お風呂上りに鏡を見たときに気が付いたのです。

「あれ、肌がきれいになってる!!」

しかも今生理前なのです。

私は元々肌荒れがひどく、特に生理前は顎ニキビが必ずと言っていいほどできていました。

それがすごくストレスで、そのストレスでまたニキビができるという悪循環になっていました。

今まで化粧品やクレンジング、生活習慣の見直しなどいろいろ試してみましたが

これといって劇的な効果は得られずにいました。

仕事も接客業なので、人に見られたくないと肌荒れしているときは常にマスクを着用していました。

そんな生理前の肌荒れのひどい私が、ニキビの一つもできていない!!

私にとっては奇跡的なことなのです。

そしてとんでもなく嬉しいことなのです(#^^#)

鏡を見るのがこんなに楽しいとは!!

原因を考えてみると、ノーメイクだったこと以外考えられません。

やはり、ファンデーションを毎日つけるのは肌に負担をかけているのだと改めて感じました。

また、仕事も休んでいて、精神的なストレスが少ないというのもあるのかもしれません。

ありがたいことに子どもと一緒に昼寝もできているし、看病は大変でしたが、今は熱の下がった子ども達と

毎日のんびり過ごしています。

こんな生活を続けていると、専業主婦の自分を想像してしまい、毎日こんな生活を送りたい!!と思い始めました(笑)

昼間自分の好きなことをして過ごせるなんでなんて幸せなんだろう・・・

この生活が当たり前になればいいのになと妄想が激しくなります('ω')

ですが、生活のためにも仕事は大事ですので、残り少ない休みを大事に過ごしたいと思います(#^^#)

そしてこれからは、休みの日はなるべくノーメイクで過ごすことに決めました☆

キレイな肌の状態を維持できるように頑張ります( `ー´)ノ

ツイッターで詐欺!?にあいそうになった話

私はブログを始めるのと同時にツイッターも始めたのですが、そのツイッターで詐欺にあいそうになりました。

おいしい話かもと思い話を聞いてしまった私はバカです( 一一)

つい最近の話です。

ある人からダイレクトメールが届きました。

その方のプロフィールに飛んでみると、顔写真も載っていて、脱サラしてネットビジネスで生計を立てていると書いてありました。

私もブログを始めるにあたって目標をたてました。

それは、ブログの収益化です。

やっぱり始めるからには収益化したい!!という思いもあり、でもどうすればいいのかわからないそんな状態でした。

怪しいとは思いつつ、ダイレクトメールを返してみたのです。

その方は、自分も誰かに教えてもらうまで何もわからなかった。だから新人ブロガーさんの手助けがしたい。

そう言われていました。

そして、電話で話しましょう!!と言われたのです。

「え!!いきなり電話!?」と引いたので最初は断りましたが、ラインならいいかなと思い教えてしまったのです。

本当にバカですよね・・・ 

結局話だけでも聞いてみることになり、ラインで電話したのです。

まあ、話だけ聞けばいいか('ω')そんな軽い気持ちでした。

最初は世間話から始まりました。またそれが長いのです。

私はさっさと本題に入りたかったので、結局収益化するにはどうすればいいんでしょうかと質問しました。

すると、その方の今までの経歴、どうやってここまできたのかと話し始めました。

またそれも長い!!なかなか本題には入らないのです。

そういうマニュアルなのでしょう。

本題に入っても、回りくどいいいかたばかりで疲れる・・・

結局は一人でするのは無理だから先生をつけろという話です。

さすがの私も気づき始めました。

「こいつ営業してるな」と・・・

話が長いし、大事なところはなかなか教えてくれないし、かなりだるくなってきた私は聞きました。

「結局、先生がいないとだめだ。うちで先生を頼め。そういう話ですよね」と。

「おたくで先生を頼めばいくらかかるんですか」と聞いたところ驚愕の金額が飛び出しました。

「僕は営業してるつもりはありません。でも頼むとなれば50万かかります。」

50!!50万円!!

叫びたくなりました!!「詐欺やないか~い」と。

まあ、でも本当のところは誰にも分りません。本当にちゃんと教えてくれるのかもしれません。

でも、聞こえてしまったのです。

電話の後ろから漏れる声は、同じように一生懸命営業している声でした。

もうドン引きです。タダで教えてくれようとしてる本当に親切な人なのかもと期待していた自分にもがっかりしました。

幸い、私はこういう事はハッキリ断れるタイプです。

最後らへんは超適当に返事をし(笑)子供の迎えがあると話を終わらせました。

おいしい話は簡単には転がっていないという事ですね!!

改めて勉強になりました。

ちなみにその人はブログでは全く稼げないと言っていました。

でも逆に、私は地道にブログを書いていこうと決めました。

まだアドセンスにも合格してませんが・・・(笑)

みなさんもくれぐれもお気を付けください( ;∀;)

○○依存 治すには??

何かをやめたいのにやめられない

そんな状態になったことはありますか?

例えば、買い物だったり、ゲームだったり、お酒だったり、いろいろありますよね。

私も○○依存になったことがあります。やめると決意したばかりです。

○○の部分はご想像にお任せします・・・

やめたいのにやめられない

頭では分かっているのです。

もう2度とやらないと心に誓ったはずなのに、時間がたつと簡単に元に戻って繰り返してしまう・・・

そんな状態が何度も続きました。

私が試した方法としては、

1.考えない

2.考えが浮かんで来たら深呼吸をして心を落ち着ける

3.他の趣味を見つける

4.ノートに自分の気持ちを書き整理する

5.自己啓発の本を読む

です。

最初はやる気もあるし、それなりに効果があります。

でも少し油断すると心の隙間に入り込んできて「いいじゃん」「やっちゃえ」と悪魔が囁いてくるのです。

それで何度も失敗しました( ;∀;)

でも、結局は自分の中で納得できていなかったり、まだやりたいという気持ちがあるのに

無理やり抑え込んでいるからだと気づきました。

それならば一体どうすればいいのだろうといろいろ調べてみました。

☆対策☆

1.まずは依存症について理解すること

2.自分が依存症であることを認めること

3.恥ずかしがらずに病院に行くこと

4.家族や身近な人に打ち明けてサポートしてもらうこと

まず私は依存症かもしれないとは思っていましたが、依存症であると認めることから始めました。

依存症とは依存物質による脳の機能の異常が原因なので、自分ではどうにもできないのです。

自分なら絶対大丈夫とか自力で何とかできるとか自分を過信しすぎるのはよくないとのことでした。

確かにな~と思いました。そして自分を信じては裏切られてきたことを思い出しました。   3と4は結構ハードルが高いような気がします。

家族にはバレたくないとか病院にいくのは恥ずかしい、そこまでじゃないとか思うのが当然です。

私の場合は、一番信頼している姉には話しています。

病院は離人症で通っている心療内科の先生に一度相談してみるつもりです。

誰かに話すだけで気持ちは変わり、いい方向へ向かうと私は信じています。

あとは自分の気持ちを整理するために毎日日記を書くことにしました。

他に趣味を見つけてまぎらわすのもいいですが、やはり自分の気持ちと逃げずに向き合うのが一番大事なのかもしれないと思います。

紙に文字を考えながら書き出すのは、ストレスの発散にもなりますし、客観的に自分を見つめることもできるので

私はおススメです。

○○依存、やっかいなものですが、毎日少しずつの積み重ねで乗り越えていこうと思います。

まずは1日。次は1週間。次は1か月と目標をもって日々を重ねていけば、いつかきっと「そんなこともあったね」と

言える日が来るはずです・・・

インフルエンザ注意報

ついに我が家にもやってきてしまいまいした( ;∀;)

絶対に来てほしくなかったものです・・・

それは・・・

インフルエンザです( `ー´)ノ

f:id:mimismall:20190122153526p:plain

流行っているのは知っていましたが、こんなに早く訪れるとは・・・

かかってしまったのは小学生の長男です。

昨日から熱がありましたが、インフルエンザの検査は熱が出てから1日たたないと出ないため

昨日は様子を見ておりました。

朝は熱がありましたが、熱さましを飲んだあとはとても元気で、テレビを見たり、ゲームをしたりしていたので

「インフルエンザじゃなかったんだ('ω')」と安心しきっておりました・・

ところが夜中うなっているので、熱を測ってみると、39.0度まで上がっていました。

すぐ解熱剤を飲ませましたが、苦しくて寝付けないようで、その姿が私も心配で眠れないまま朝を迎えました。

朝一で、いきつけの病院へ連れていき、あの鼻に棒を突っ込むという

子どもには痛くてたまらないであろう検査をし、結果を待ちました。

10分程たって先生が結果をもってやってきました。

「インフルエンザだろう」とは思っていましたが、いざ「インフルエンザです」と言われると

とてもショックなものです( ;∀;)

去年、一昨年と親子でかかり、インフルエンザのキツさは十分すぎるくらい分かっています。

わが子の苦しむ姿を見るのはとても辛いものです。

しかし、私が倒れるわけにはいきません!!

せめて息子の熱が下がるまではかかるまい!!と心に決めました( `ー´)ノ

全国のインフルエンザにかかっている皆さん!!お母さま方!!

看病お疲れ様です。頑張って乗り越えましょう!!

ちなみに一番の心配は娘に移らないかです。

たぶん移るでしょう。

奇跡でも起きない限り(笑)

私はパートですが、いったいいつまで仕事に行けないのだろうととても心配です。

忙しい時期にご迷惑をお掛けすることになるので、本当に申し訳ないです。

快く休みをくれる上司、同僚のみなさんにはとても感謝しています。

復帰したらますます仕事がんばるぞ(^^)/

みなさんも消毒や手洗いうがいをしっかりし、細心の注意をしてインフルエンザにかからないようにお気を付けください。

マナラホットクレンジングとDUOクレンジングバームを使ってみて☆

最近2種類のクレンジングを買いました。

一つは「マナラ ホットクレンジング」

もう一つは「DUO クレンジングバーム」

です(#^^#)

2つのクレンジングを使ってみての感想を書きたいと思います。

まず最初に使ったのは「DUO クレンジングバーム」です。

f:id:mimismall:20190120184322j:plain

クレンジングと洗顔がこれ一つで済むとのことで面倒くさがりの私は飛びつきました(笑)

中はこんな感じです。

f:id:mimismall:20190120184917j:plain

スプーン山盛り1杯を手に取り、顔に円を描くようにクルクルなじませます。

汚れが浮き上がってきたらぬるま湯で30回ほどすすぎます。

感想としては

「全然ベタベタしない」

「逆にお肌がしっとりしている」

「お肌に透明感が出た気がする」

「あれ・・・でも私の頑固な毛穴はそこまできれいになっていない」

「劇的な効果はみられない」

というものでした。

それからしばらくして、「マナラ ホットクレンジング」を雑貨屋さんで見つけ

よさそうだなと思い購入して使い始めました。こちらもダブル洗顔不要なタイプです。

f:id:mimismall:20190120185545j:plain

f:id:mimismall:20190120185606j:plain

マスカット1個分くらいを手に取ります。

f:id:mimismall:20190120185843j:plain

手のひらで広げて柔らかくしてから顔につけていきます。

手のひらに広げた時点で温かくなり「おぉ~すごい」

と感動しました。

顔につけてもちょうどいい暖かさで気持ちがいいくらいです。

こちらもクルクルなじませ、ぬるま湯ですすぎます。

感想は

「全然つっぱらない」

「肌がしっとりしている」

「メイクの落ちはあまりよくない」

「こちらもやはり私の頑固な毛穴にはきいていない」

というものでした。

マナラ ホットクレンジングには正直かなり期待していました。ホットクレンジングということもあり、頑固な毛穴も少しはキレイに

なるんじゃないかと思って購入しましたのでちょっと残念でした。

洗いあがりやメイク落ち、顔のしっとり感など総合して考えて

おススメは「DUO クレンジングバーム」のほうです☆

マナラはテクスチャーが硬めのため、伸ばして柔らかくして使うのが正直使うのが少しめんどくさいと感じてしまいました。

その点、DUO クレンジングバームはすぐ肌になじんでメイク落ちも悪くないし、何より洗った後の肌の柔らかくなる感じが

私は好きです。

あくまで私の個人的な感想ですので参考程度になればいいかなと思います(#^^#)

場面緘黙症 小学生の頃

このブログを書いていて、いろいろ思い出していると小学生のころ「場面緘黙」だったことを思いだしました。

f:id:mimismall:20190119212009p:plain

場面緘黙症とは

家ではしゃべることができるのに、社会不安のために特定の場面で話せなくなるというものです。

私の場合、小学生のころ父の転勤で学校を転校したことがきっかけでした。

その前の小学校ではみんなと仲良くしゃべって遊んでいたのに

転校先ではなぜか言葉が出ませんでした。

もともと人見知りなこともあり、自分から話しかけるのは苦手でした。

隣の子にはさみを借りようとしたんです。

でも、「はさみを貸して」の一言が出ず、それから全くしゃべれなくなりました。

転校生ということもあり、不思議と友達はたくさんでき、いじめられたりということはありませんでした。

友達との会話の手段はリアクションとメモ帳に文字を書くというものでした。

それで十分コミュニケーションはとれていたので特に困りませんでした。

不思議なことに授業の発表の時などはちゃんと発言できていました。

「おお~しゃべってる」

というみんなの視線も感じていましたが、それより先生にしゃべらない子だって思われるのが嫌だったんだと思います。

親にも隠していましたがなんでかバレました。

そして怒られました。

「なんでしゃべらないんだ」「しゃべれるようにならないと誕生日プレゼントはなしだ」

など言われた気がします。

でもしゃべれないんです。どうしても言葉はでないのです。

家ではぺちゃくちゃ話す子だったので親も信じられなかったのでしょう。

「私だっておかしいとわかってる。しゃべれるならしゃべりたい。でも今更声を出すのは恥ずかしくてできない」

もしも自分の子がそういう状態なら迷わず病院へ連れて行くし、しゃべれるようになるまで精いっぱい支えます。

そう思うからこそ、今思えば、親は何もしてくれなっかった。心配じゃなかったのかと切なくなります。

そんな私が場面緘黙症を克服したきっかけは「環境の変化」でした。

小学2年生から中学1年生までしゃべらいない日々は続きましたが、中学2年生のころまた父の仕事の都合で転校することになったのです。

転校は私に大きな影響を与えました。

「次は絶対にしゃべるぞ」と心に決めていました。

転校初日、とても緊張しましたが、まるで憑き物がとれたかのように自然にしゃべることができたのです。

それは私にとても大きな自信を与え、それからしゃべれなくなるということは無くなりました。

友達としゃべる、他の人には当たり前のことが出来るようになったのがとても嬉しかったのを覚えています。

相変わらず人見知りでしたが、「なんで今までしゃべれなかったんだろう」

と不思議に思うくらいでした。

そして何十年もたって、つい数年前です。

世界仰天ニュースで場面緘黙症についてやっているのをみて、「自分はこの病気だったんだ」と知りました。

安心したようなホッとしたような気持ちと当時を思い出して悲しくもなりました。

私みたいな方は実際は多いんじゃないかなと思います。

病院での治療法もちゃんとあるし、周りの人たちの理解、支えがあれば改善できるようです。

もしかしたら・・・と思う方は一人で抱え込まず信頼できる人に話してみるのもいいかもしれません。

幼い子ども達は心配させないように隠す子もいると思います。私もそうでした。

子どもさんのことを一番心配している家族の方が変化に気づいてあげることが大事だと思います。